Samurai-Archives

Difference between revisions of "Ishin Shiryo"

From SamuraiWiki
Jump to: navigation, search
(Created page with "*''Japanese'': 維新史料 ''(ishin shiryou)'' The ''Ishin Shiryô'' ("restoration documents") are a collection of some 4,180 volumes of historical documents held by the [[S...")

Revision as of 03:36, 9 October 2019

  • Japanese: 維新史料 (ishin shiryou)

The Ishin Shiryô ("restoration documents") are a collection of some 4,180 volumes of historical documents held by the Shiryôhensanjo (Historiographical Institute) at the University of Tokyo, relating to major political and court events in Ryûkyû, Kagoshima, Tsushima, Kyoto, Mito, Ezo, and Edo/Tokyo in the period from 1846 to 1871 - i.e. events relating to the key developments of the Bakumatsu period and Meiji Restoration.

明治維新に関する史料の収集と編纂を目的として設置された官立組織。 1911年5月 10日,勅令 145号をもって設立されたが,前年井上馨,山県有朋らが同じ目的で設立した民間団体彰明会の後身である。井上馨,次いで金子堅太郎が総裁となり,事務局を文部省内におき,当初 15年の予定であったが,42年5月8日,官制廃止まで存続し,その事務は大臣官房,社会教育局,教科書局を経て,49年4月,東京大学史料編纂所に引継がれた。『維新史料綱要』 (10冊,1846~71の綱文および引用史料名を収載) ,『大日本維新史料』 (19冊) その他を刊行したが,その稿本は 4180冊に達した。第2次世界大戦中,国体明徴の趣旨から『維新史』 (5巻,付録1巻) その他を刊行したこともある

Personal tools